« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月27日 (木)

宝石の回収

残るDSを求め、まずは海底神殿に。

守護獣

先制はこちら。

OD→ロッククラッシュ×5

で削った後、

OD→三龍旋×5

攻撃が足りないので、ミサイルガードで守護獣のロックキャノンを防ぎつつBPを貯めます。

BPが貯まったら

OD→三龍旋×5

で締めます。

ブラックダイヤゲット。ついでにLPも回復です。

帰りがけのミニオンは

OD→シャインインパクト×5

で知力を下げてしまえば、セルフバーニングが使えなくても問題ありません。

最後のDSを取りに凍った城へ

フリーレ

ここは余裕があるので、少し遊びを。

火術、風術を解禁。合成術シムラクラムを合成。

これでフリーレの風術無効。無音殺で片付けます。

オブシダンソードゲット。

帰りがけのミニオンもセルフバーニングを張った後、シムラクラム

火術、風術無効。シャインインパクトで知力を下げつつ撃破。

これにて9個のDSがそろいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

8回と3/5でKO

話が行ったり来たりで申し訳ないです。

sorayobuさんが真サルを9ターン撃破達成いたしました。

いとも容易く9ターン撃破。

しかも最後は3連携で仕留めているので、9ターン目にどれくらいHPが残っていたのか、気なるところです。

私はまだ10ターンすら達成していないというのに。

こちらよりもとんでもなく高みを突き進んでいらっしゃいます。

いや、自分と比較すること自体そもそも無礼極まりない。

その上、sorayobuさんの戦略にケチつけるようで、なんとも恐ろしいですが、少し思ったことを。

不動剣役=アパスマ役 にして、剣の攻撃力を下げ、その分ろばの骨を加える。

アンバーマリーチを牙のお守りに換える。

そういうことは、ろばの骨9本集めてから言え!という話ですね。手持ち2本の私が何を偉そうに。

あと、あのPTならできそうだと思ったことを。

第二形態を2ターン頑張る!

1ターン目は柱の効果に期待して耐えます。

その間にグランドスラム開始の三柱陣と挟殺陣で11本柱を削ります。

2ターン目は柱が少ないので、祈るのみです。ヴォーテクスなら最高です!

もう一度三柱陣を発動すれば2ターン目にほとんどの柱をなくすことができます。

sorayobuさんの場合、9ターン目も3回しか攻撃していないので、

  • 柱を早期になくす
  • QT 1回分を攻撃に回す

ことで、8ターン撃破も可能なように思います。

とはいえ、こんな博打の戦いは全員HP999でもなければ到底ありえませんがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ODの時代 まさに鬼

世界各地、放置したイベントを片付けて参ります。

ソウルドレイン

ブラックアイスを張られようと、サブミッションの前では無力。

OD→サブミッション×5

で5回転、終了です。

シルバードラゴン

素早さでこちらの勝ちです。

OD→ロッククラッシュ×5

である程度削った後、

OD→三龍旋×5

で仕留めます。オパールゲット。

ヴァンパイア

鈍い相手です。シルバードラゴン同様嵌め殺します。

レッドドラゴン

素早さの勝ち、即ち勝利。

イフリート

イフより速く動けるならセルフバーニング、なんてぬるいこと。

パイゼルハイムのイフは遅いので簡単に嵌められます。

オートセルフがかかっているため、最後は

OD→Dパンチ、三龍旋×4

で仕留めればOKです。

イフさえもこんなに楽に倒せるとは正直驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

体一つでどこまでいけるか

HP620 BP61 他のステ60程度

ここまで育てれば準備はOKです。

まずはメルビルへ

海賊ブッチャー

素早さが段違いなので、

OD→ロッククッラシュ×5

を繰り返します。

回復BP+7、水術スキル5によりこのパターン1セットにつき消費BPは1。

開始BPが24もあるので、このセットを数回行った後、

OD→羅刹掌×5

で、ブッチャーには何もさせずに勝てます。

いわゆる嵌めってやつですw

続いて地下神殿の三連戦

ここでのODはBPが持たないので、一度火術に切り替えます。

パワーデビル

リヴァイヴァをかけ、三龍旋で特攻します。

三龍旋2発で倒せますが、アビスでやられないことを祈ります。

サイクロプス

ここで合成術、デルタペトラを使います。

リヴァイヴァの保険がかかっているので、BPが足りなければ集気法で貯めればいいです。

まぁ無音殺でもかまわないのですが、せっかくなので固めていじめますw

サルーインの神官

やはりデルタペトラで固めます。

が、ここで珍現象発現!

石化エフェクトが入ったにも関わらず、神官が行動してきました

アビスなど厄介な術をもっているので慌てて羅刹掌

これで地下神殿を壊滅させました。

石化や魅了など、基本的に敵に使うものではないためかたまに珍現象が起こるようです。

最後にエリザベス宮殿へ

大空飛竜

毎ターンセルフバーニングで跳ね返します。

先手を取られ、ダメージを受けた場合はセルフが残るので練気で回復すれば問題ありません。

こちらが一人ということもあってか暴風は使ってきませんでした。

地下神殿で多少苦労しましたが、ブッチャーと大空飛竜は1回で勝てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修行期間

バルハルマラソンを終え、各種術スキル、体術スキルを5まで上げたバーバラ、ゴールドマインの鉱山に向かいます。

まだ、マラル湖ではランク8のギガントワームが蔓延っているので、化石魚に会いに鉱山に潜ります。

魚シンボルまで進み、化石魚を出します。

ODを発動したら閃き特訓開始です。

ここでは負けてもゲームオーバーにならないのが魅力です。

技を覚えたら、大人しくやられます。そして再度挑戦。

LPが少なくなったらゴールドマインの宿屋で回復。

シンボルを消さないのがコツです。

ここで体術技を全てマスターします。

体術は基本技を除くと技の数はちょうど20個なので、これで1段階LP軽減を受けられます。

体術をマスターしたらイスマス辺りで獣狩り。

この時期に出るエンプーサはHPが比較的低く、即死も有効なので、

先手を取り、 OD→無音殺

で倒せるので楽です。

ゲリュオンが出るようになったら、舞台をマラル湖に移し化石魚狩りをして、能力上げをします。

大抵のお供はサイコブラスト×5で倒せるのですが、玄竜がいる場合は厄介なので早々に撤退します。

化石魚とタイマンまでもつれ込めば、あとは回復とODの繰り返しで勝てます。

ここでHP600程度、ステ60程度まで上げます。

怪魚の化石もいくつか取れましたが、今回は不要です。

相変わらず化石魚は便利なことでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ペンギン夫婦一家との死闘

念願のBP38に!

レッツバルハル!

待ちに待ったペンギン夫婦に挑みます。

夫婦に対して先手は取れません。しかしバーバラも裸とはいえ、さすがにHPも上がっているので単純な攻撃2発なら耐えられます。

問題は状態異常です。

魅了、毒、マヒ、LP攻撃といやな技が目白押し。

マヒ、魅了になった時点で負け決定です。

おまけに終盤に放つ生命波動にも一気にHPを持っていかれます。

また、お供の水の結晶体が地味にウザイので、即消しが基本です。

それでは攻略です。

1ターン目 OD

もちろんです。夫人に魅了されないよう祈ります。

2ターン目 コズミックタイド×3→ムーンライトヒール→スターライトビット

前半3発でお供を倒し、1ターン目に受けた傷を回復、あとは気休めに盾を張っておきます。

3、4ターン目 癒しの水、または集気法で回復しつつBP貯め。

5ターン目 OD

6ターン目

全快ならスターライトビット×4→サンライトアロー

ダメを受けていたら、ムーンライトヒール→スターライトビット×4

ビットを5つ張るとけっこうな堅さになります。

守備を確保したら(と言っても運頼みですがw)バロネス夫人から片付けます。

夫人を倒しても旦那のマヒ爪も厄介なので気が抜けません。

ビットで確率を上げたまま削り、いける!と思ったところで、

スターライトFS×5

で一気に攻めます。

ビット効果により、FSの8倍のダメを与えることができます。

まぁ単発が弱いのでそこまで大きなダメは期待できませんがw

実際に戦うと、魅了、マヒ、LP切れ、毒によるダメ超過など負けの方が多かったです。

しかし逆に張り合いがあって、普段より楽しくバルハラマラソンができましたw

また、OD中の光術が役立つという発見に出会え、この制限をやってよかった、と思えました。

スターライトビットなんて今まで使ったことはありませんでしたのでw

結局、最大回数をやり、おかげでロザ術Lv4に。

これでODによるLP消費がなくなり、OD嵌めが一層現実味を増してきましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

ODの時代(序章)

しばらく空きましたが、再びマルディアス、じゃなくてバーバラw

進行度85%程度になると、獣系モンスターに鈍獣が出るようになります。

常に1匹で出る上、耐性がザルです。

こいつが新たなカモとなります。

戦法は合成サイコ(+幻体、エレメンタル)で魅了します。

しかし、鈍獣相手に先手を取られるバーバラ、素敵ですw

かちあげでスタンしたり、魅了できないと2ターン目に逝ってしまいます。

背後から襲うことで勝率を上げます。

目標は最大BP38。

ここまでいくと開幕オーヴァードライブが可能になり、撃破可能な敵が増えます。

しかし、進行度が100%に達したときは37でした。

こうなると鈍獣も出にくくなるうえ、戦闘回数が増えるほど、バルハルマラソンの可能回数が減ってしまうので、無駄な戦いは避けたいところです。

そこで残ったイベントをやりながらBPの成長を待ちます。

迷宮アサシンギルド

5人から攻撃を受けると1ターンキルです。

しかし、物理攻撃の1人をカウンターで返せば生き残ることも可能です。

そうすれば必殺ODを発動できます。

先制はとれるので、とにかく1ターン目を生き残ることです。

従って、1ターン目はDパンチ。これでカウンターを待ちます。

対象が4匹いるので、確率は悪くないです。

1ターン目にパンチでBPを多めに貯めたことにより、2ターン目に吹雪が使えます。

吹雪×5

これでお供4匹を葬ります。

あとは癒しの水で回復しながらBPをため、ODの繰り返しでアサシンボスを倒します。

ここでいきなりもBPアップ。早々に来ました。

これで開幕OD使用可能となりました。

おまけの話ですが、アサシンのお供の状態異常は特殊なようです。

もともと魅了する気満々で突入し、実際魅了しました。

魅了されたターンは同士討ちをしてくれたのですが、次のターンからは普通にこちらを攻撃してきました。

ハートマークをいっぱいつけたままw

同様に、気絶、石化などしてもエフェクトはそのままに次のターンからは攻撃してきました。

ちょっとしたおかしな体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩むところ

8周目のデータでの9ターン撃破は難しいのだろうか。

極めプレイ(?)かどうかはわかりませんが、最速撃破に使えそうなデータは2つあります。

1つは現在、使ってる8周目のデータ。

主人公キャラ8人がそれなりに育っているので、多少手を加えるだけで済みます。

しかし、武器、防具、金に問題が。

魔石の仮面3つとか探すのが面倒です。

防具のランダム宝箱はタイタス集めに使ってしまいました。

もう1つは真サル単独撃破の途中のデータ。

主人公のクローディアとお供のシルバーだけHP900超えと鬼の強さを誇りますが、あとはイカ狩りで脱落したバーバラぐらいで、他は戦いの素人ばかりですw

とはいえ、PT外成長だけでもそれなりの能力はあります。

問題はジュエルです。

ストックが9000くらいありますが、計算したところ、節約してもあと4000は必要です。

それを除けば、武器、防具はそれなりに充実しています。

羅刹の剛剣とか10本くらいストックがあります。

タイタス魔石も必要な数はあります、多分。

怪力手袋も2、3あります。

メイジスタッフがなぜか2本ありますw

金も999999とMAXまであるので、金欠とかありえません。

9ターンキルを目指すなら多少無理が効くこのデータです。

ただ、ジュエルが・・・

1人は剣士レベル4で妥協するかw

そんな状況ですので、すぐには無理かと。

とりあえず、バーバラ裸の一人旅に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

神頼み

真サルを目の前にしたクイックセーブから、第一形態2ターン撃破に挑戦。

前述の通りQT無しの猛攻でいきます。

元ロザ重のアルベルトの腕力を上げ、グランドスラムを使用。

変わりにグレイの素早さを上げ、三龍旋を使用します。

従って、行動は

不動剣→三龍旋→フェニクスアロー(三柱陣+グランドスラム+フェニクスアロー

これを2ターン繰り返します。

やはり2ターンはガチにド突き合うのは厳しく、戦闘不能者が出やすいです。

能力補正重視の装備は脆く、空閃×3とかで普通に前衛3人が逝きます。

耐性をもつ水術や土術、あるいはフェニクスアローを使う弓隊に攻撃がいくことを祈ります。

そんなこんなでトライしてるうちに、まず2ターン連続攻撃することができました。

しかし、グランドスラムの追加攻撃を与えても撃破できず、「ダメか・・・」とPT拒否されたアルベルトのごとく落胆したとこにウコム様光臨

1500程度のダメを与え帰って行きました。

すると周りの壁が・・・

やりました!2ターン撃破達成です。

第二形態移行後、第一形態ですべてを出し切った面々はすぐに黄金の左手に握り潰されたのは余談ですw

ウコムの恩寵はやはり出やすいですね。

戦いの終盤はともかく、基本的には常に恩寵発動条件を満たしているようです。

まぁウコムはでしゃばりということでしょうw

金で信仰値を上げることにより、恩寵発生の確率を上げられます。

つまりは金で動く神々ということにww

問題は第二形態。

弱ってる上に、BP空っぽという状況。

さらにQTと聖杯の使い手、陣発動の同時成立を目指せねばなりません。

つまりは問題は山積みというわけですw

ですが真サル10ターンキルへの道はだいぶ近付いたかと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ

掲示板を見て知ったことですが、

フェニクスアローのことを今までフェニックスアローだと勘違いしてました。

もう10周以上にしてるというのに・・・orz

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

これからどうなってしまうのだ・・・

最後の11ターン目の攻撃は華麗なる5連携だったわけですが、逆にどれくらいやつのHPが残っているのかわかりませんでした。

ということで再度挑戦。

既に11ターンで倒せることは分かっているので、10ターン目ではQTを使わず5人で総攻撃します。

何度かトライした中で、最速は10ターン+1回攻撃。

最後の一撃はアルベルトの三龍旋でした。

なので、これは10ターンキルいけそうな予感♪

まだ三龍旋1発分を削る可能性は十分にあります。

  1. 柱が残っている状態のときとはいえ、グレイがヴァンダライズを1発スカッています。これの影響は大きいです。
  2. 陣狙い2度目の時、連携しませんでした。これで柱の減りが遅くなります。
  3. 単純に能力、装備のレベルを上げる余地があります。面倒ですがw

以上より第二形態 8ターン→7ターン は十分可能性ありと見えます。

では第一形態3ターンはどうなのか。

こちらも可能性は若干あると思います。

3ターン中の攻撃回数は11回。

ならばQTを使わず全員で総攻撃して10回攻撃しようというものです。

しかし、問題は2つあります。

  1. 防御面の問題
  2. 火力の問題

まず、真サルの攻撃を2ターン持ちこたえなければなりません。

また第二形態の1ターン目も考慮すると深刻なダメージは避けたいところです。

次に火力不足の問題です。攻撃回数が1回減る上、質も落ちます。

剣士の攻撃回数が9回→6回に減り、それをフェニックスアロー2回で埋めるのは無理があります。

しかし、それを低確率ですが可能にする方法はあります。

1つは攻防一体の技、カウンターです。

前衛のアルベルト、グレイに三龍旋を使わせ、オブシダンソードのカウンターを狙います。

1発で1200程度。なかなかの威力です。

もう1つはウコムの恩寵

真サルとのタイマン対決をしていたとき、1,2ターン目の発動率がやたら高かったので、それを期待したいと思います。

もちろん大量のお布施を払ってw

ちなみに、QT使用時は恩寵は発動しないものと思われます。なのでQTとの同時並行は無理なようです。

どちらもかなりの運要素です。

しかしこれができたら真サル9ターンキル。夢の1桁代撃破の夢が見えるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最速撃破について本気出して考えてみた

やり始めた以上多少はマジにならないと、ってことで再考察。

とりあえず

第一形態 4ターン→3ターン

第二形態 9ターン→8ターン

合わせて 13ターン→11ターン

これを目標にします。

前回の反省

  • QT係りは2人でいける
  • とにかく剣士!

という結論。

やはり剣士の攻撃力は大きい。同じ技を使っても違いが明らか。

またターン数を少なくすればその分QT使用回数も減り、QT使用者も3人→2人にできる。

ということで再度メンバー編成

  1. バーバラ(中)  QTと弓担当
  2. ジャミル(中)  上に同じ。1ターン目からQTが使用可
  3. グレイ(前)    剣士は必須
  4. アルベルト(前) 剣士に転職。
  5. シフ(前)     剣士に転職。

剣士に転職した2人はジュエル、技の都合w

シフは元城砦騎士で長剣、両手大剣のスキルが5あったので、アッパーヴァンダ不動剣を修得済み。ジュエル使用のみで即戦力。

アルベルトは両手大剣、細剣技をほとんど覚えていないため、素早さを特化して三龍旋を連打。予定通り11ターンで終われば死なないはずw

今回は装備も吟味。

バーバラはフェニックスアローの使用頻度が高いため、知力特化

ジャミルは連射を使用するが、器用さを上げる装備がなかったため適当w

アルベルトは前述の通り素早さ特化

シフは見た目通り腕力特化

グレイは第一形態は三龍旋、第二形態はヴァンダを使用するので、腕力>素早さの順位で特化。

では戦闘開始

第一形態

不動剣三龍旋フェニックスアローを使用。

1ターン目からQT

2ターン目に聖杯

3ターン目は全員で攻撃。突破!→第二形態へ

第二形態

3ターン目までは

アッパースマッシュ→ヴァンダライズ→連射

不動剣→三龍旋→フェニックスアロー

の2つで三柱陣を狙います。

柱が消えたら

アッパースマッシュ→ヴァンダライズ→連射→三龍旋

と4連携狙いに移行。

目標の8ターン目に

アッパースマッシュ→ヴァンダライズ→連射→三龍旋→フェニックスアロー

と5連携を狙い、見事にはまり撃破しました。

というわけで、無事目標の11ターン撃破達成です!

最後の5連携も綺麗だったし、不動剣→三龍旋→フェニックスアローの三柱陣はド派手でお気に入りです。

あと1ターン減らせるかはまた今度w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

閑話休題

ちょっと今回は別の話。

真サルを倒そうと目論んでる方、悪戦苦闘してる方、もう余裕という方、いろいろだと思いますが、あのHP90000の凶悪ラスボスを最速何ターンで倒せるか。気になったりしませんか?

ということでやってみました。

真サルーイン最速撃破

最速記録は分かりませんが、13ターンで倒した、という人がいたので、それに勝てるよう頑張ろうと思います。

データは8周目のもの。主人公はバーバラです。

8周目のラストの周ということで、仲間は主人公キャラ8人みんな育てています。

  • バーバラ    武芸家 Lv4
  • アルベルト   ローザリア重装兵 Lv5
  • アイシャ     旅芸人 Lv5
  • クローディア  ハンター Lv4
  • グレイ      剣士 Lv5
  • ホーク      海賊 Lv5
  • シフ       城塞騎士 Lv5
  • ジャミル     シーフ Lv3

メイン武器はスキル5まで上げてあります。

戦法はQT(クイックタイム)嵌め。戦闘不能者が出ないようこちらのペースで事を運びます。

では、真サル退治のメンバーですが、

  1. バーバラ(前)    回復BP+7。火力増加のため、両手大剣を修得
  2. ジャミル(中)    開幕QTが使用可。弓術を極めているところも◎
  3. グレイ(前)     剣士Lv5は重要。最速を目指すための強力な火力
  4. クローディア(中)  回復BP+7が大きい。弓技はマスター
  5. アルベルト(前)   盾となってもらいます。不動剣が主力

バーバラ、ジャミル、クローディアをQT係りとし、グレイとアルベルトで攻めます。

第一形態

1ターン目からQT。順序指定で無駄を省きます。2ターン目に聖杯1回目を使用。

真サルはディフレクトでビシバシ弾きます。なので、ディフレクト不可な三龍旋不動剣フェニックスアローを攻めます。

4ターンで突破!

第二形態

こちらも順序指定でQT。柱があるので死ににくいですが、状態異常にならないことを祈ります。

1ターン目こそありがたい柱ですが、以降は非常に邪魔です。これを取り払う必要があります。

柱を壊すには陣が便利です。陣を発動させると、攻撃回数×2の柱が壊れます。

問題はどの陣を使うかですが、三柱陣を選びました。

挟殺陣、白馬陣、魔陣は強力な技や術がないので却下。

聖獣陣、龍陣は後列が必要ですが、弓隊は中列の方が攻撃補正が高いため却下。

当然5人必要な天輪陣は問題外です。

必然的に前→前→中で陣が発動する三柱陣となりました。

技は第一形態の最中に見つけた、不動剣→三龍旋→フェニックスアロー

予定外だったのはむしろグランドスラム

3人が三柱陣、1人がQTのため1人溢れます。そこで、グランドスラムの追加攻撃で柱を壊そうと考えたのですが、QTによるターン強制終了により追加攻撃が発生しないことが発覚orzアホですw

結局、ヴァンダライズアッパースマッシュ不動剣連射フェニックスアロー羅刹掌三龍旋明王九印などを強力な技を駆使し、第二形態を9ターンで撃破。

計13ターンで真サル撃破。勝ってやる、などと息巻いていたくせに同じではないか。ヘタレめw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

火の鳥の時代

中盤最大のイベントをクリアし、後片付けをします。

海賊の溜まり場

苦戦した盗賊+海賊コンビの片割れが集っています。多勢に無勢で衝突剣でスタンしたり、複数回攻撃を喰らうと負けてしまいます。とにかく合成火の鳥(+サイコブラスト)をぶちこんで終わらせます。

あとは80%手前まで寝かせておきます。

放置されたコンスタンツ

進行度の都合で残しておいただけのオーガ。一発で焼き払います。断るのも面倒なので名誉騎士になってあげます。

ヴァンパイア

アサシンギルド

ジュエル封印は諦めているので放置。

長話の好きなウェイ=クピン

ジャミルの時と同様の戦法。肉のいない時にリヴァイヴァをかけ、ひたすら合成火の鳥(+サイコ 知力↓)で猛攻。イージスに阻まれようと猛攻。長引くほどLPがきつくなり、事故も起こりやすくなります。やり直しは御免です。

進みにくいセケト宮殿

トゥーマンの影武者はアビスを使うので、事故の起きないように合成サイコ(+幻体戦士術、エレメンタル)魅了します。

ツンデレ水竜(?)の神殿

セケト兵とトゥーマンは連戦なので、合成術を変えられません。LPを温存しておきたいところですが、セケト兵を合成火の鳥(+サイコ 知力↓)で焼き払います。

トゥーマンはオーヴァードライブを使用します。耐える術はないので、クピン戦同様リヴァイヴァ保険の合成火の鳥連打で、LP消耗覚悟、力技で切り抜けます。

それにしても若い女を欲する水竜、ウハンジと同レベルですねw

水の精霊珠を手に入れたら、妖精王のイベントをこなしLP、回復BPを上げておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

三つ首の獣

神殿内の戦闘も無駄にはできません。

合成火の鳥(+サイコブラスト)で焼きながら突き進み、計3回の戦闘でゾディアックとご対面です。

ここで、またも行き詰ります。

無防備なバーバラにとって、ゾディアックの攻撃はどれも危険です。特に回数の多い冷気弾、スクラッチブローは1ターンキルの威力です。

今回はセルフバーニングは使えてもセルフ盾は使えません。セルフ盾のときは、物理攻撃を盾が弾いてくれるので、セルフが消えません。よって一度張ってしまえば物理攻撃も冷気系にも効果があり、非常に有効な手段でした。

しかし、盾発動がない今回はスクラッチブローの1回目でセルフが剥がされてしまうので、2回目の攻撃を受けます。というわけで、セルフはダメ。

状態異常の常連技、マヒ、気絶、魅了は耐性があるのでダメ。

そこで、冷気をどうにかしようと、考えついた策は雪だるま戦法。つまりシムラクラム。雪だるまなら当然冷気への防御力が高く、また能力も高く、何より召還後の行動選択肢が多いです。

問題はシムラクラムを使うためのBP。貯めておいたジュエルを使ってもBP消費は21。BP12+5から20まで貯めなければなりません。

そのため集気法で全回復を前提に、スクラッチブロー2発を耐えられるHPが必要。370までカタコームで再び鍛えます。このとき進行度65%。ギリギリです。

クラスをロザ術にしてシムラクラムを合成。再度挑みますが、ここでまたも問題発生。

雪だるまが冷気でダメを受けます。50程度ですが、回復不可なのでこれは痛いです。まぁ、ノーダメを期待していたこと自体、甘かったのですがwシムラクラム1回唱えるのも大変なのに、これでは無理です。

またも詰みを覚悟しました。しかし、何か策を探すため、アルティマニアを眺め直し、ゾディアックの耐性欄を見ていたところ、あるものが抜けていることに気付きました。石化です!

敵を石化させる方法は2つ。召還タイニーの石化クチバシ合成術デルタペトラです。

パイゼルハイムで土術を買い、デルタペトラ(ロッククラッシュ+ヘルファイア+アーマーブレス)を合成、三度挑みます。

初期BPで放てるので気楽です。石化するまで粘ります。また石化の効果は長く、生命波動でBPを貯めながら石化させ続けます。

BPに余裕があるときにリヴァイヴァを挟み、保険を掛けながら戦っていたところ、倒すことができました。

これにて、ようやく皇帝の奇病をクリアすることができました。本当に攻略した気持ちでいっぱいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

さすがはサルーインの僕といったところか

カタコームで進行度60%手前まで鍛え続けました。HP320程度。通常のウィンドカッター1発は耐えられますが、知力上げ後だとたまに越える程度です。まだ能力を上げる余地はありますが、ゾディアック戦までを考えるとここでミニオンは倒したいところ。再戦を挑みます。

今回も帝国学術師ですが、戦法は違います。前回はダメを減らす方法でしたが、今回はダメをなくす方法です。

セルフバーニングでヘルファイアを無効にする。これは前回と同じですが、ウィンドカッターも無効にする。それが今回の戦法です。そのため、今回はエレメンタル(風)を使います。

セルフを張ってから召還することで、エレメンタルにセルフが張られた状態になります。これでセルフが解けるまで安全に攻撃可能です。さらに、セルフが解けてエレメンタルがやられても、本体のバーバラにはセルフが残っています。ここでさらにエレメンタルを召還することで、バーバラの危険を回避できるのが最大の特徴です。

風術のスキルは3でも、サイコブラストと合成することでBP3、連続使用を可能にします。またエレメンタル時の術は全てLP消費なしで安全に使えるのも大きいです。

セルフが解けた後のヘルファイアや後半になると使用してくるシャドウボルトは2発喰らうと、エレメンタルは消えてしまいます。2回攻撃の2回目で消えてくれた方がバーバラにとっては安全ですが、そこは祈るしかありません。

この戦法で何度か挑んだ結果、召還4回目になんとか倒すことができました。これだけ苦労したのは初対面の時以来ですw

ようやく神殿に入ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで力を隠していたのね

進行度は50%を越えたところ。クラスを帝国学術師にして、使いもしないトパーズアクアマリンを引っ提げ、二つの月の神殿に向かいましたが、ここで大きな誤算がありました。

入り口で待ち構えているミニオンです。

セルフバーニングを張ってヘルファイアを防御。合成火の鳥(+サイコ)(追加効果知力DWN)を連発し、知力を下げる。LP1消費ですが火力が高いのでLPが尽きる前に倒せるだろう、という目論みでした。

しかし、誤算は2つありました。

よくよく考えれば知力下げは5人PTでこそ可能であり、1人ではたいして知力が下げられず、すぐに元の威力に戻ってしまいます。さらにミニオン自ら知力を上げるので、ダメージを低減するには至りません。これが1つ。

2つ目は被ダメの大きさです。知力の上下なしにウィンドカッター1発でギリアウト。やはり装備なしの影響は大きいです。

この2つの課題をクリアせねばなりません。後者はとにかく進行度範囲内での能力UP、前者は新たな策を考える他はないでしょう。

最悪、適当に2人加えてシンボルを持たし、ミニオンとの戦闘中にLP0にして外せば、ミニオンは消えてくれ、シンボルを回収して先に進むことはできます。

しかし、先にはもっと手強いと予想されるゾディアックが控えています。ここでそんなせこい真似をして進んでも後が思いやられます。何より一人旅なのですから自らの力で道を切り開かなくては意味がありません。

とにかく、まずは鍛えること。この進行度辺りでは調度いい修行場があります。カタコームです。ここのさまよえるエスタミル人を相手に修行します。常に同じモンスターでかつ1匹。さらに能力が上がりやすく、進行度は上がりにくいという素晴らしきカモです。

ちなみにエスタミル・シャドウは強いので相手にしてはなりません。一撃でやられてしまいます。

不死系なので生命波動がよく効きます。合成生命波動(+集気法)を作り、さらに攻撃力を高めると2発で倒せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不要な準備

今回は装備禁止なので使用できませんが、トパーズアクアマリンを取りに行きます。

砂漠の迷宮

バガーが行く手を阻んでいます。1ターン目は1回、2ターン目以降は2回行動のことが多いです。裸のバーバラはバガーの攻撃2発で倒れます。先手も取れないので、1ターン目に全てを賭けます。

体感ですが、魅了状態でいるときの方が追加魅了が効きやすいような気がします。途中で効果が切れることなく自滅してもらいます。

これを2回繰り返し、トパーズをゲット。

クリスタルレイクの幽霊船

あれだけでかい図体をしてますが、状態異常への耐性はザルです。またまた魅了で自滅してもらいます。攻撃力の高い相手ですが、大抵1回は攻撃できるのでそこに全力を賭けます。

魅了しても、安心は出来ません。なぜかなぎ払いはこちらに飛んでくるのです。これは前列が攻撃対象だからと思われ、他にもアーマージェリーのジェリースウィングでも同様のことが起きます。

しかし、これはセルフバーニングを張ることで対処できます。このセルフは魅了が解けた時の保険にもなります。

とにかくひたすら魅了し続け、自分をボコスカ叩いてもらい、昇天してもらいます。これにてアクアマリンをゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平穏な日々

まだ比較的楽な戦いが続きます。

サオキの洞窟

アイテムは全て無視。固定モンスターを片っ端から合成サイコ(+覚醒印、生命波動)で掃除していきます。

バルハルモンスター×2

全て合成サイコ(+覚醒印、生命波動)。2段階目までは楽勝です。

黒き魔物、第一形態+守らない護衛

夜這いをかけてくるガンフィッシュは合成サイコ(+覚醒印、生命波動)で一撃ですが、地下通路のコーラルクラブは1発では勝てません。攻撃を喰らうと負けるので、敵の動きを止めます。むしろ、こちらに惹き込みますw

合成サイコ(+幻体戦士術、エレメント)魅了の効果が付きます。バーバラは魅力も高いので向いています(イメージ的にもw)。魅了が入ればあとは勝手に自滅してくれます。

ジャン様救助隊

ネビルから依頼を受け、モニカの頼みを聞いてジャンの元に向かいます。後ろから襲ってくるおっさんを返り討ちにし、ジャン救出。ジャンのLPで安全に進めますw

ジャンのLPを0にしたら、ランドサーペント×3と戦闘。2ターン以内に3匹とも魅了します。お互いの、むしろ自分の毒に侵されてる姿は滑稽です。こちらの毒は集気法で回復します。

ここで45%に達し、皇帝の奇病、コンスタンツ誘拐が始まります。

まずはフラーマの塔で火の鳥リヴァイヴァを購入します。コンスタンツの居場所を聞いて放置。急ぐ必要はありません。

この時点でジュエルはけっこうな量がありましたが、この後必要なスキルがまだ確定していないので温存しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

金のため、一人営業の日々

まずはエルマンを即刻クビにしたいところですが、エロ神様はアメジストを渡すと姿をくらましてしまいます。そこで、とりあえず世界を放浪し、人事部長の復活を待ちますw

ミイラ商人、タイニーの羽でジュエルを稼ぎ、恐竜の卵キットンソックス等で金を手に入れます。また、他人の装備を剥ぎ取り全て売り捌きます。なんせ装備しないのですからw

まず買った術はセルフサイコ吹雪生命波動集気法、その他適当に10個です。クラスを帝国学術師レベル2、風、魔スキルを3にして、吹雪(+サイコ)を合成。BP4で使えます。

では、エルマンを外してヤシの洞窟へ。

黄スライムの攻撃2発耐えられません。合成吹雪1発で仕留めます。次にアクアサーベントですが、勝てませんでしたw先制され、1発耐え切れません。今回は防御力を上げる術はないので、HPを上げます。ステルスで避けてきた敵まで戻り、HP上げをします。HPが100超えたら再戦です。

1ターン目は耐えます。そして合成セルフ(+サイコ)。セルフさえ張ってしまえば、奴にセルフを剥がす術はありません。適当に調理しますwしかし、いきなり出鼻をくじかれる戦いとなりました。まぁそれでこその制限プレイなのですがw

続いてゲッコの解放

途中で割り込めれば合成吹雪で1発です。

変死事件+宿屋の娘

スタンさえしなければ割り込み吹雪で1発です。

ゴールドマイン襲撃事件

金庫のモーロックは問題ありません。問題は地下下水道にいる、盗賊+海賊です。進行度30%手前まで鍛えても、海賊の衝突剣1発で昇天です。素早さも相手が上なのでなかなか取れません。

そこで、30%ギリギリまで能力を上げ、さらに下水道に入って下水道内の敵で鍛えます。結果、海賊の断ち切りの後に割り込み、吹雪を放ちクリアすることができました。この旅最初の山場でした。

騎士団のしょうも無い誇り

一度テオドール達を加え、即刻外して砦跡に向かいます。こちらの方が楽に割り込めます。

ここで金、ジュエルともに潤ったので買い増します。幻体戦士術エレメント(火)ムーンライトヒール等を購入。スキルは帝国学術師、ロザ術ともに3にし、ロザ術になっておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな旅立ち

前回書いた通り、ロザ重がアーマーブレスを唱えると鬼の堅さになり、さらにセルフ盾を使うと悪魔のごとき強さです。

そこで、制限プレイの登場です。

やるからにはそれなりのものである必要があります。すでに一人旅でも色んな制限プレイが成されているので、まったく同じというのは面白みに欠けます。逆に少しでも条件が違うとやり方が変わってくるのが制限プレイのおもしろいところ。

ということで、今回のプレイは

「裸一貫一人旅」

です。制限は至って簡単、装備欄は常に空にすること、それのみです。

防具も無ければ武器も無い。従って、攻撃手段は体術と術に限定されます。しかし、術はバリエーション豊富で、合成術を使うことによってさらに増えます。これを駆使してクリアしてやろうと言うのです。無茶は承知、行けるところまで行ってみようと思います。

ではキャラ選択です。この制限、どう考えても終盤にOD(オーヴァードライブ)の使用が目に見えています。ODはBP消費15(最小)の術です。これを連発することを考えればBPの優秀なキャラが好ましいです。

結果、主人公はバーバラに決定です。妖精のイベントをクリアすればBP回復値が+7までいくこと、初期BPが40%あることが理由です。LPも低くはありません。それに、術と体術を駆使したプレイにはバーバラは似合う気もしますw

それでは、バーバラの一人営業開始ですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

初の一人旅を終えて

さて、ニューゲームから新しくデータを作り、一人旅をしました。感想はと言うと、

意外に簡単でしたw

もちろん、序盤にジュエルが全然手に入らないのには苦労しました。というより、

「初めはこんな少ないのか!」

と驚きましたw 5人PTの8周目では1つのイベントで1000位もらっていたので、「えっ、100?何もできないじゃん?」という感じです。むしろ1000が異常なんですがw

また資金も貯まり難い。最初は売値が安く、ぼられるので金を集めるのに苦労しました。4割くらい違う。

まぁジュエルにしろ、金にしろ一人分でいいのでなんとかやりくりできました。ロザ重のレベルは5まで上げられたし、他にも個別で5にしたものありました。

そして楽だった要因。それは

  • ロザ重が堅い、堅過ぎ、鉄壁!
  • セルフ盾も鬼強!

の2点ですね。

特に連携なしではロザ重がダメをほとんど喰らわないこと。連携を喰らうと防御力が下がったものして計算されダメを喰らうので5人の時ではあまり気が付きませんでしたが、市販最強防具にアーマーブレスをかけると物理攻撃はほぼノーダメ。

セルフ盾はセルフバーニングをかけた状態片手武器を使用すること。接触系の物理攻撃に格段に強くなります。

正直、戦闘に時間がかかるだけで、楽しい戦闘、ワクワクする戦闘とは遠いものでした。次の一人旅ではこの辺りを修正したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

邪神ならきっとすごいお宝持ってそう

ジャミルの一人旅、最終章です。

ラストダンジョンは素通りします。ミニオンの守るお宝にほしいものはないので。

DSはダイヤモンド以外そろっています。基本のノーマルサルです。

防具は、

  • 水鏡の盾、
  • エメラルド
  • フィールドアーマー(ガーラル)
  • ドミナントクラブ(怪魚の石鱗)
  • タイタスグリーブ
  • お守り
  • ガーディアンリング

武器は

  • オブシダンソード
  • エスパーダロペラ(強度+4)
  • 炎のロッド(強度+3)
  • 積霊石の杖

水、土、幻術、即死が無効。ウィンドカッターのLP攻撃は目を瞑ります。

ロザ重とはいえ、ゴッドハンドを柱の少ない時に喰らうと一発でアウトです。なので常にリヴァイヴァがかかった状態を保ちます。盾を剥がされた直後にゴッドハンドが飛んできたときのため、術具経由でリヴァイヴァをかけ事故の発生率を下げます。

またダークネピュラは盾を剥がしつつダメを与えてくるので、瀕死になったら即集気法練気で回復します。

攻撃は柱の数とBPを見て調整。返し突き電光石火変幻自在を主体に戦います。

1回目のバトルで普通に勝利!所詮、ノーマルサルは飼い犬に吼えられる程度、ジュエビを倒したジャミルの敵ではありませんw

これにて初の一人旅が終了致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルーインのつくった下僕達

DSも手に入れ気分揚々のジャミル。四天王の願いも聞いてあげます。これで2周目から裏四天王のフラグが立ちます。

マルディアス最果ての地、フロンティアの暴虐を止めるべく、一人ジュエルビーストに挑みます。

正直これは無謀だと思いました。普通に5人で戦っても苦戦する相手。5人PTの1周目では倒せずに諦めたよど(あとでちゃんと報復しましたがw)。いくらロザ重とはいえ、一人撃破は無理かと思っていました。戦うまでは。

ところが意外にも楽でした。装備は、水鏡の盾に市販最強を防具ガーラル、怪魚の石鱗改造、アメジストブラックダイヤで防具を堅め、さらに武器欄にもオブシダンソードと積霊石の杖を2本と防御力を上げます。

これで、ジュエビの水、魔、光術と邪眼に耐性、風、土術はノーダメです。さらに火、幻(火幻術のみ)術、たたきつけはセルフ盾で防げます。

ジュエビ最強のジュエルブラスターはD(ディフェンス)モードで行動することでダメージを軽減できます。同様におしつぶしもDモードでダメを抑えられます。闇術は同ターンに2度程度なので無視。

よって、

アーマーブレスD練気セルフバーニング

以降Dモードで行動します。攻撃はD電光石火。回復はD練気。セルフの掛け直しはHPが満タンのときに行います。

本来ならDモードの技の不動剣共震剣の方がいいかもしれませんが、ジャミルの腕力の低さで攻撃力が

電光石火>不動剣

となっていたので長剣ではなく補強した細剣を使いました。

これで世界の事件は全て片付きました。あとは諸悪の根源、サルーインを倒すのみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

夢は最高のお宝、ディスティニーストーンを手に入れることさ!

まだまだイベント目白押しです。はりきって参ります。

銀竜が本当の姿?オパール

ゴールドマインの金竜と違ってブレスを使ってきます。一発でやられたらどうしよう・・・と思っていましたが、さすがはロザ重、持ちこたえます。練気で回復して真っ向から挑み、力でねじ伏せます。

最も弱き守護者、オブシダン

凍った城の入り口にいる怪しい男。今回の旅で一人の寂しさが身に沁みたジャミル、赤魔導師をPTに入れてしまいます。「血を流せ」と叫び狂う赤魔導師。しかし彼のLPを利用してひたすら逃げるジャミル。おかげで楽に帰れましたw

守護者は、トパーズを着けていれば事故すら起こりません。これで物理防御格段に上がりました。

腹黒父娘、ブラックダイヤ

海の魔物に拉致されて、一人海底神殿に赴きます。守護獣の攻撃は全てノーダメ。長期戦でありながらも楽勝です。これにてようやく海辺の町に平和が戻りました。

100歳?の長老フラーマ、ルビー

まずは邪教の廃墟にてレッドドラゴンとご対面。火属性と物理攻撃なのでセルフ盾で8割方防げます。電光石火で滅多切りにします。

※ジャミルは細剣が似合うという個人的趣味からロザ重にもかかわらず。細剣の最強武器、エスパーダロペラを振るっています。強度を上げて補強すれば電光石火や変幻自在はEP0で使えます。

続いて騎士団ざわめくパイゼルハイムへ。炎の化身イフリートとに挑みます。奴はオートセルフなのでこりらも負けじとセルフをはって火術、ヒートスウィングを防ぎます。さらにタイタスで土術に耐性。ダークライトウェブはダイヤモンドがないので断念。縮退砲で一気にHPをもっていかれるので、満タン付近をキープします。攻撃はトマホークフライバイをひたすら繰り返して終了。パイゼルハイムの平和も取り戻しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »