« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

炎帝の時代

モンスター増殖(植物)をこなしたところで進行度40%程度。

皇帝の奇病も間近なので、対ミニオン必殺防具を取りに行きます。

土のトパーズ

道中のバガーの攻撃は基本物理攻撃です。ガーラルアーマー等、物理攻撃に強い防具で固め、さらにアーマーブレスをかければ普通に倒せます。

しかし、BPの都合上長期戦になって面倒なので、君主の大斧炎帝を召還破砕流2発でダメージを与え自爆しつつ勝利。これで能力アップもできます。

BPは1ターン目を傷薬でしのげば2ターン目に召還可能です。この辺りがBP50%の強みです。

1回ずつ召還してバガー2匹を撃破、トパーズをゲット。

水のアクアマリン

イカも同様に炎帝召還で倒します。

しかし、開始BPが9でやはり1ターン目から召還することができません。

そこで、1ターン目にブラッドフリーズで気絶させ、BPを回復してから召還します。

普通にタイマン対決させると手数で勝るイカに炎帝が負けてしまうので、できるだけ状態異常で戦います。

破砕流のBP消費は激しく、足りなくなったらフレイムウイップでマヒを狙いつつBP貯め。

これにてアクアマリンをゲット。

ダイアモンド争奪戦は勝っても負け扱いにされるのが癪なので素直に負けます。

これでクローディアをガードしていたシェリルが消え、やっとクローディアと夜を過ごせますw

オウルの杖シンボルをもらい、また火の鳥を覚え二月の神殿に乗り込みます。

ミニオン戦は言わずもがな、途中の雑魚敵も2ターン目に火の鳥発射で楽に片付きます。

ただし、ミニオン戦での炎帝召還火の鳥によりLPを激しく消耗していたのでゾディアックを前に出直します。

ゾディアック戦

普通ならセルフバーニングと片手武器、いわゆるセルフ盾で戦えば問題ないのですが、盾スキルが0のためか、盾が安定して発動せずセルフを剥がされます。

セルフはBP9、LP(1)のため頻繁に張りなおしていては攻撃できませんし、身がもちません。

そうなると今まで同様炎帝召還に走るわけですが、1回の召還では勝てないので、召還が切れた後もう一度召還をする体勢を整えておかなければなりません。

そこで実際の行動としては、

1ターン目 アーマーブレス

2ターン目 防御

3ターン目 生命の炎

4ターン目 高級傷薬

以降防御でBPを貯め、炎帝召還

可能な限り破砕流でダメを稼ぎ、炎帝が消えたらまた防御でBP貯め。

冷気弾はDモードなので防御でダメを減らすことができ、冷気はダメを与え後半になるほど威力が落ちていきます。

2回目の召還で撃破。

ムーンストーンをゲット。

DS入手によりLPが回復したので、帰りがけに霊獣石の鎧ガーディアンリングを頂いて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

初期、及び序盤のイベント

初期クラスは旅商で開始。クラスなしよりも能力が落ちますが、マップ アビリティを多く所持しているので、旅商を選択。以後変わることなく旅商です。

エスタミル地下道でダウドをLP0にして外し、奴隷商人に挑むも返り討ちにされました。

そこで、詩人やミリアムのアイテムを奪い取り売り飛ばします。その金でステルス、忍び足を購入。

隠密スキル0のステルス、忍び足でジュエルを稼ぎ、サーチスキルを3に上げ、地下道の1000金をゲット。ヘルファイアセルフバーニングを購入。

あとは薬箱を使いつつ倒せばよいです。隠し部屋のウハンジガードも同様に。

初っ端から躓きましたが、これにて初期イベントクリアです。

ここからは普段通り恐竜の卵やグレートピット地下5階を使い金稼ぎ、市販の最高防具(頭、体、手、足)を揃えます。またエレメント(火)を購入。

序盤のイベントは火のエレメント召還で一発です。

BPが12まで貯まるまでは薬箱や名無しキャラから奪った傷薬でしのげばよいです。

初期イベントでは多勢に無勢の戦いが多いですが、火の鳥一発で片付くので楽です。

また、火の鳥発射後召還が解けるので能力も上がります。

7周目ということで報酬のジュエルはたくさん(1回800程度)もらえ、またマップ系スキルのみなので、すぐに旅商レベル5に。

移動の際にはソックスを売り歩き、魔獣の牙粘糸などと交換。

また、財宝の洞窟やサオキの洞窟で、宝箱を漁ったことにより、進行度35%程度でガーラルアーマーを購入。

物理攻撃に強くなったところで、タイニー道場解禁。アーマーブレス生命の炎を付与した後閃きにかかります。

スキル0で閃き難いとはいえ、格が違うのでランクの低い技なら楽に閃きます。

ここでの主力武器は細剣のレイピアと片手斧の石斧。なのでこの2系統の技を中心に共振剣、とブレートロール、また体術の錬気を含む20の技を覚えて下山。

進行度に余裕があったので、フレイムタイラントの「モンスターを増やせ(植物)」を行いました。

交渉により石斧が手元に大量にあったので、ブレードロール大木斬を主力にモンスター狩り。君主の大斧をゲット。

進行度の埋め合わせで行ったこの行動が後で役に立つとは、このときは思いもしませんでしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャミル 戦闘系スキル上げ禁止一人旅

2ヶ月ぶりの更新でもう誰も見てはいないでしょうが、新たな一人旅を行いました。

条件は

  1. 戦闘に関するスキルの上昇を禁止
  2. 戦闘はジャミル1人のみで行う
  3. 7周目、連携未解禁

以上です。

2については今までどおり。例によって一時加入は認めます。

1は具体的には武器系、盾、術のスキルを禁止になります。マップ系スキルを禁止にしなかったのは、スカーブ山、トマエ山、アクアマリンの洞窟、シルバーの洞窟等、マップ系スキルなしでは行えないイベントが減ってしまうため、そこは許可ということにしました。

この制限により、大きく影響を受けることは

①BP、EP、LP消費が激しい

スキルを上げることができないので、BPは基本BPそのもの。EPとLPは技20個、術10個修得による1段階軽減のみ。

②技が閃き難い

技の閃きもスキルレベルが大きく影響するので、ランクの高い技は修得しにくくなります。

③クラスが制限される

マップ系のみで就くことにできるクラス、旅商一択となります。

などがあります。細かく言えばさらにいくつかありますが、それは追々。

主人公ですが、今回の制限ではBPがカギとなります。戦闘開始1ターン目の行動は雑魚戦にしろボス戦にしろ重要です。ここの選択肢は多いに越したことはありません。ということで回復BPよりも開始BPを優先。

開始BPが50%なのはジャミルとホークのみ。ジャミルは最初の一人旅で使用しましたが、そのときは特に制限を設けていなかったのでジャミルで行うことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »