« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月21日 (日)

炎帝、ちょっと辛い時代

気が付けばまた1ヶ月も放置してました。最近はプレイが飛び飛びになりがちです。

皇帝の奇病をタイラント先生のおかげで早めに終えることができたので、少しステ上げに入ります。

場所はいつもどおりカタコームのさまよえるエスタミル人。私はいつもここで中盤のステ上げをしていますが、ヤシ村のヴァンパイアしもべの方がステ上げには向いてるようですね。

特に重要なステはBP。これを25まで引き上げます。

25というのはジャミルの回復BPが+4に上がるポイントであり、また開幕火の鳥が使えるポイントであるからです。

その他HP、腕力、素早さ、知力辺りは上がると後々楽になります。

25まで上げたら、まずはメルビル地下水道の海賊を火の鳥で焼き払います。通報だけして放置。

ついでトゥマンの影武者をダイヤモンドで無力化して倒し、トゥマンに挑みます。

トゥマンはウォーターガンを使用するため、あまぐもの腕輪を装備。防具も術法に術法よりにしたいとこですが、その前にトゥマンガード戦があるのでバランスよく。

トゥマンのオーバードライブをやり過ごしたら炎帝召還で撃破。

雑用をさっさとこなし、水の精霊珠を入手。すぐさま妖精王のイベントをクリアし、BP回復値を+5まで上げます。これでかなり戦闘時の行動の幅が広がります。

ベギー夫妻に挑んだり、ステ上げしていると進行度も65%まで到達。

BPも32まで上がったので、魔の島に突入。こいつがなかなかに厄介でした。

普段ならLP消費を無視した連続火の鳥で瞬殺狙いですが、今回は火の鳥BPが12なので、連続使用が困難です。

しかし、イージスの盾付きで癒しの水を使用するクヴィンに長期戦をしても、負けなくても勝てません。

そこで火力を集中させるため、以下の行動で攻めました。

1ターン目にアーマーブレス

イージスの盾が切れるまで基本技でBPを貯めつつ、肉を片方撃破

盾が切れたターンに炎のロッド火の鳥(BP12 LP2)

クヴィン1人になるので共震剣(BP7 EP6)

以下繰り返し。

BPが尽きたら妙薬で補給。

また火の鳥共震剣の繰り返し。

途中で再度盾を使われますがそこは無視。一気に攻めます。

エスパーダロペラもジャミル自身もボロボロでしたが、なんとか押し切ることができました。

エメラルドゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »