« 2007年3月 | トップページ

2007年4月20日 (金)

裸一貫体術のみ 5人PT

久々に5人PTのプレーをしてみました。

タイトルの一人旅に反しますが、ご容赦ください。

気術のみ一人旅は単調で火力もなく時間がかかる制限だったので、久々に5人PTで暴れてみたくなりました。

とはいえ、普通の5人PTでクリアしても面白みにかけると思い、

「裸一貫 体術のみ」

という制限を加えます。

これは、まくーんさんが達成した「裸一貫+術制限」を拝借したものものです。

今回の具体的な条件は

  • 武器、防具の装備を禁止
  • 術法の購入、使用を禁止
  • PTの入れ替えは自由

となります。

術法の禁止により、回復は自己回復の錬気のみ。一度戦闘不能になったら回復不可です。仲間ディフレクトもなく、助け合いが一切ないPTです。

また、炎系などカウンター不可の攻撃を防ぐ手段も皆無で、火の鳥や吹雪などは脅威です。

そんな中、どうやって敵を倒すかというと、

「殺られる前に殺る」

これに尽きます。

回復は最小限に、攻撃は最大限に出し切って敵を仕留めます。

戦術は以上、次は主人公とPTの選出です。

やはり体術のみということで、主人公はバーバラ。初期イベントに戦闘がない点も魅力です。

PTには素手の能力が高いシフ、ホーク、ゲラハ、ガラハドを抜擢。攻撃力を高めるためこの4人を選びましたが、条件でも触れたとおり入れ替えは可。使えなくなったら切り捨てます。そこは愛のないPTなのでw

それではプレー開始です。データは連携解禁済み10周目、アイシャ完全一人旅以来のデータとなります。

| | コメント (45) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

負け戦

他の制限プレイでも感じていたことですが、単独撃破においてはデス、シェラハ、ジュエルビースト達よりもサルーインの方が難しいです。

その理由は

  • 幻術の状態異常
  • デルタ・ペトラの石化
  • 心の闇のアーマーブレス解除
  • ゴッドハンドの破壊力
  • 空閃、絶空閃、ヴォーテクス、ダークネピュラの盾解除

と、厄介なものを複数もつので対策がとりにくいのです。

今回の制限において、最も厄介なのはアーマーブレス解除です。

アーマーブレスがかかった状態なら、耐性無視してガチガチに固めることでダメージを0にできます。

しかし、アーマーブレスを解除され、次のターンの攻撃に耐えられず全滅、という流れを止める手立てがなく、勝つことができませんでした。

幻体戦士術が使えればLP2消費を覚悟の上で戦い続けることが可能かもしれませんが、アイシャの最大BPは10なので最少13の幻体は使うことはできず。

アイシャは初期クラスに関わらずBPは10なので、アイシャを選んだ時点でそこはどうしようもありませんが。

勝てなかった言い訳のようになってしまいましたが、要は

「サルーインは最後の難関として君臨する、ラスボスに相応しい敵だ」

と言いたかっただけです。

巷では、デスやシェラハ、それにペットのカエルよりも弱いと言われていますが、最も対策の立て難い、攻略の難しい強敵だと思います。

あくまで一人旅での話ですけどねw

未達成に終わりましたが、今回の制限もなかなかに楽しめました。

プレイを始めた頃はまだ発見されたばかりの竜人障壁を存分に使い、デス、シェラハ、ジュエビを倒すこともできました。

防御力はラミア、腐竜を完封できるほど固く、また速度アップ効果により、光の腕がシェラハに先制することもありました。

光の腕は最速始動の技とはいえ、素早さ3のアイシャが先制できるほどですから、相当なものでしょう。

それでは、この辺りでアイシャ初期ステータス一人旅を閉幕させていただきます。未達成なので、またキャラを変え条件を変えやるかもしれませんが。

お付き合い頂きましてどうも有り難う御座いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

竜人障壁を手に入れて・・・

またずいぶんと空きましたが、プレイしていないわけではなく、むしろ行き詰ってしまって諦め、新たに始めています。

行き詰った相手はサルーイン、ラスボスです。

それ以外の敵は全て倒すことができました。

竜人障壁の力はそれはもう凄まじいもので、ロザ重+竜人障壁でラミア+腐竜×4をノーダメで倒せるほど。

クリアできずに投げておいてなんですが、せっかくなので手強かった敵だけ。

ウェイ・クビン

火の鳥はBPが、合成火の鳥はLPが持たないので、威力は落ちますが、合成吹雪(+サイコブラスト)で攻めます。

風、魔のスキルを5まで上げると消費BP2となるので毎ターン撃つことができます。

メイジスッタフオウルの杖で知力を底上げしてもダメは400程度、加えてイージスの盾に防がれたり、回復されたりで長期戦になります。

しかし、一番厄介なのはバーバリアコンボによる気絶です。一度気絶すると、10ターン以上起きません。その間にまた気絶、と嵌るため、気絶したらリセットした方が早いです。

ただ、バーバリアコンボの頻度はそう高くはないので、スキを見て一気に仕留めました。

ソウルドレイン、バンパイア、イフリート

ロザ術で合成幻体戦士術(+サイコブラスト、時間凍結)をつくり、メイジスタッフ経由で使います。

LP1消費ですが、BP0なので待つことなく使えるのが利点です。

幻体を呼んだら聖杯聖なる輝きを連発します。

1発1000程度とかなりのダメを与えることができ快適でした。

ジュエルビースト

耐性よりも防御力を上げます。水竜から水鏡の盾を奪ったので状態異常にかかることはありません。

アーマーブレスをかけてやれば特に問題ない相手です。苦戦はしてませんが一応。

ブレイブスレイブ

破砕流のダメを抑えるには、物理防御と火属性防御を高いところでバランスをとることが重要です。

ブレスをかけ、セルフを張った状態ならダメージを受けることはなく安全なのですが、火神縮退撃でDEFダウンしたときは危険にさらされます。

この場合、破砕流、火神縮退撃ともに50~65くらいますが、即死することはありません(アイシャの最大HPは70)。

なので、すぐにアーマーブレスをかけ直し、次のターンに集気法で回復します。

問題はこれが繰り返された場合、つまり

火神縮退撃DEFダウン 

アーマーブレス   破砕流(ダメ50)

集気法        火神縮退撃DEFダウン(ノーダメ)

アーマーブレス   破砕流(ダメ50)

集気法        火神縮退撃DEFダウン

のように繰り返されると、セルフを張り直す暇が無く、そこにフレイムウィップがきてマヒして終了となることです。

終盤は火神縮退撃の使用頻度が増すため危険が高まりますが、張り直しのタイミングを早める程度しか対処法はなく、あとは祈るのみです。

攻撃手段はトマホークを使います。

射突属性でない投射攻撃で、威力もそこそこ高く、またスキル5、強度+4まで上げることで、BP、EP消費を0にできます。

終盤はBPに余裕があればフライ・バイでダメージを稼ぎます。

以上の戦術で226ターン目に撃破しました。

デス

即死、ライフ、邪術対策にお守り死の鎧ムーンストーンを装備。

その他で防御力を可能なだけ上げたところ、ブレスのかかった状態で、物理攻撃20~30、開門45~65までダメージを抑えることができました。

開門は4ターン置きなので、

1ターン目 集気法    開門

2ターン目 攻撃     

3ターン目 HP満タンなら→攻撃

       ダメを受けていたら→集気法

4ターン目 集気法

1ターン目に戻る

これをひたすら繰り返します。

武器欄をオブシダンソード積霊石の杖×3が占領してるため、碌な技は使えず。

火力の低さはウコムに手伝ってもらいました。

結果、ウコム砲16発、23000程度、自力で40000程度のダメを与え、428ターン目に撃破しました。ウコム砲が無かったらあと200ターンはかかったことでしょう。

シェラハ

装備で水、風、幻、気、闇術と音波に耐性。

ロザ術の合成幻体(+サイコブラスト、時間凍結)で闇の誘惑を、セルフバーニングでクリムゾンフレアを防ぎ、あとは漆黒の帳の眠りだけ。

普段と同じ対策ですが、初期ステータスのアイシャはそれでも苦戦を強いられました。

一度眠りに入ると数十ターンと寝続けるため、セルフバーニングが消え、そこにクリムゾンフレアを撃ち込まれます。

クレムゾンフレアは後半しか使いませんが、その前にも危険があります。

幻体は100ターン程度経つと自然消滅します。その時も危険にさらされることになります。

幻体を再召還する前に魅了、眠りにならないよう祈るしかありません。

攻撃はブラックアイス対策にトマホークフライ・バイを使います。

ウコム砲10発の加勢もあり、244ターン目に撃破できました。半分以上寝ていましたがw

こんな感じで強ボスも倒してきた初期ステアイシャですが、サルーインには勝つことができませんでした。

長くなったので次に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ